小さな不動産会社

いわゆる町場の小さな不動産会社で働いている者です。

小さいながらも老舗の会社で、不動産全般(賃貸事業、売買事業、仲介事業)を扱っているので、仕事自体は日々いろんなことが起き楽しくできています。

会社の歴史は50年と古くいい面もあるのですが、社内のメンバーが高齢者ばかりで一番年下の私一人に仕事が集中していることがちょっとした不満です。

今時、パソコンを使っての業務はどの業界でも当たり前にあると思いますが、当社ではパソコンを使って仕事ができる人間は正直私一人だけです。

最初入社した時はびっくりしましたが、未だに算盤が現役で使われています。

当然帳簿も手書きです。

しかも給料は現金支給。

私以外で自分の机にパソコンが置いてある他の社員はインターネットの閲覧程度しか日常してませんし、メールの送受信もまともにできないのです。

Officeソフトは文字入力程度しかできません。

例えば、ひな形がある契約書等の書類を更新する時、私がやれば5分もかからずにできることが、他のメンバーが行うと30分以上もかかってしまいます。

しかも内容が間違っていることが多々あります。

ですので、契約書の作成やお客様への手紙作成等、文書の作成はほぼ私が作成しています。

営業職である私ですが、会社のホームページの運営管理や社内のネットワーク管理、セキュリティ強化等、全て私一人で対応している現状です。

細かなことを言えば、コピーの取り方やFAXの送信も私が教えてあげている感じです。

そんなわけで、本来は営業で数字をあげなければならないのですが、直接営業に関係しない仕事で相当な時間を取られてしまっています。

その分、他のメンバーが売り上げを上げてきてくれればいいのですが、とにかく仕事ができない人ばかりで、会社の売り上げの約7割を私が作っているのです。

特に、形式上私の上司といわれる人はまったく仕事ができない人で、ここ3年くらいは毎年赤字を作っている状態です。

その上司はコミュニケーションが取れない人で、笑ってしまうくらいに会話が成立しません。

いわゆる会話のキャッチボールが出来ない人で、こちらからボールを投げてもとんでもない方向に帰ってくるといった感じです。

たまに質問をした時でも要点のない内容の返答を永遠としてきます。

とにかく疲れます。

そんな人だから、お客様からクレームをよく起こしてきます。

お客様の言っている内容が理解できていないのでクレーム処理できるわけもなく、火に油を注いで炎上させてしまいます。

ですので、結局私が処理することになります。

客観的に見ているとその上司がクレームの原因を作っていることが多いのですが、当の本人は全く気付いていません。

当然本人は全く悪びれる様子もなく、全てはお客様がおかしい、会社がおかしい、世の中がおかしいの一点張り。

まったくもってお荷物社員です。

普段は出社してしばらくすると営業周りといって外出してしまい夕方まで帰ってこないのですが、実際は外に出ても客先に行くことはほとんどなく、社用車で昼寝ばかりしています。

何度もコンビニの駐車場で寝ているところを目撃しています。

また、会社に戻ってきても誰と会話するわけでもなく、電話が鳴っても取ることもないので、ほんとにいるだけで迷惑です。

ちょっとしたことですが、社内にトイレが一つしかないのですが、一旦トイレに入ると5分は出てきません。

毎回です。

一体トイレの中で何をしてるんだと思います。

それに、貧乏ゆすりがひどく、私の目の前で常に貧乏ゆすりをしているので、視界に入り気持ち悪くなってきます。

ほんとは社長も解雇したいようですが、一方的に首にはできないと言ってただただ放置して見て見ぬふりをしています。

本人も今更会社を辞めたとしても、年齢的にも次に行ける会社は無いと思っているのか、社長に対してはいい顔しています。

私の一番のストレス要因です。

その上司ほどではないのですが、社長自体も私のストレスでもあります。

典型的な2代目社長ですが、先代の社長が築き上げたものにしがみついているだけで、何一つ新規事業を立ち上げてません。

当社では建築も携わるのですが、建築に関しては素人同然で、とんちんかんな事ばかり言っています。

例えば、建築工法に関しても、木造軸組とツーバイフォーの違いも知らないのです。

勉強も全くしていません。

そんな社長なので会社の売り上げも年々減少気味なのです。

社長が先導に立って会社の進むべき方向を見出してくれればいいのですが、そのような発想がない無欲な社長なので、この先会社がどうなるのかが不安でたまりません。

もっと経営者なんだから、もっと必死に仕事をすればいいのにと思うのですが、毎日仕事をろくにせずすぐに家に帰ってしまいます。

なんで帰ってしまうかといえば、昼から酒を飲むためです。

完全なるアル中なんです。

珍しく朝から会社に来たと思えば、酒臭い状態ってのが日常茶飯事です。

そしてたちの悪いことに、会社を休んだと思えば夕方会社に電話が入って我々に今日はどうかと確認するのですが、あきらかに酔っぱらっている感じで長々説教を垂れてきます。

言っている内容も支離滅裂です。

あと、還暦間際の年齢にもかかわらずマザコンで、社員がいる前にもかかわらず母親に電話をかけては甘えています。

正直その会話を聞いていると気持ち悪いです。

そんな困った2代目社長です。

もちろん独身です。

こんなどうしよもない人たちばかりの会社ですが、お客様には恵まれているので、これからも頑張っていきたいと思っています。

こちらの転職に関する記事も面白いですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です