転職体験。「あなたがいなくなる前にこれをやっておいてね」と言われる件

転職を決意し、転職先が決まり、ようやく今の職場から解放される・・・というとき、必ず「引き継ぎ業務」が必要になりますよね。

引き継ぎ業務は意外に忙しいものです。

それを乗り越え、後任者にはしっかり引き継ぎ業務をすることができたのに、周囲に言われることがあります。

「あなたがいなくなる前にこれをやっておいてね」という言葉です。

例えば3月末退職であれば、4月以降の仕事は4月からの新任者の仕事ですよね。

しかし、前任に「やっておいて」となぜか周囲は言いがちです。

私もそう言われました。

なぜ、「やっておいて」と言ってしまうのでしょうか。


気持ちよく送り出してあげようという気持ちはないのでしょうか。

残されたほうは忙しい、これもよく聞く話ですが、あくまでも退職日以降の仕事は、後任者の仕事であるべきです。

私は管理栄養士なのですが、3月末で退職することが決まっていたのに、4月と5月の献立を立てるように言われました。

4月分は、3月に発注するものもありますし、仕方がないのはわかっているのでしっかり取り組みました。

しかし、5月はさすがに・・・4月に新しい管理栄養士が着任するのに、おかしいですよね。

だいたい、4月5月の献立を立ててしまったら、前任者が栄養管理してしまうことになるので、それは制度上あってはならないことです。

なぜ周囲の「やっておいて」が始まるのでしょうか。

これは、退職する人に対する嫉妬もあると思います。

会社に縛られない生き方を選べるのは、誰しもうらやましいですからね。

新人がきても、そんなに先の仕事が終わっていなくともなんとかなるものなのに、「やっておいて」と言いたくなるのは、退職者が自分の人生を自分で決めていることが妬ましいからですよね。

なにか「やらせておこう」という気持ちになってしまうのでしょうね。

でも、自分で仕事を決めて、自分の人生をきりひらいた人にとっては、そういう嫉妬は「雑音」にしかなりません。

やらなくてもいいことは、「やりません」とはっきり言うべきです。

そうでないと、退職前に追い詰められてしまいますからね。

きっと先の先の仕事をこなしても、まだ「あなたがいるうちにやっておいて」が延々と続くはずです。

どこかで「ここまではしますが、ここから先は新任者の仕事です」と主張しなければならないと思います。

自分がやるべきことはやりますが、それは、あくまで退職するまでの間ですよね。
それ以降の仕事をさせるのはおかしい、としっかり意見を言わなければなりません。

そのほうが、自分の中で「やらされた」という気持ちが残らず、気持ちよく退職できます。

私は、福祉施設の管理栄養士ですので、ご利用者とのお別れ会をしていただいたのですが、とても感動的でした。

それは、自分の中で「わだかまり」がなかったからだと思います。

もやもやした気持ちのまま、送り出してもらいたくはないですよね。

主張したいことがあれば、感情的にならず、アサーティブに主張すればそう関係がこじれることもありません。

実体験ですが、私はやらなくてもよいことはやりません、としっかり主張しました。

そして、最後の送別会には入職したころからの写真を探してきてくれて、入ったころから最近までの写真を使ったビデオレターを作ってもらえました。

とても感動しましたし、ここまでがんばって仕事をしてきてよかったと思えました。

そんなふうに感じられたのも、「私はこうしてやったのに」とか「こんなことさせられた」という思いを残していなかったからだと思います。

とにかく、後悔も、恨みもなく気持ちよく退職できました。

自分と関わってきたご利用者の方も涙を流して「がんばってね」と言ってくれて、ほんとうにうれしかったです。

福祉施設の管理栄養士として7年間、決していいことばかりではありませんでしたが、ここまで努力したこと、続けてきたことに胸を張れると思います。

7年の間に、結婚、出産も経験し、産休育休も取得しました。

その間、マタニティーハラスメントを受けたり、とてもつらい思いをしてきました。

それは、自分が自分の意見を言えなかったからです。

しかるべき機関に訴えるべきでした。

今になってそれがわかります。

言わない方が損をする時代です。

私は、マタニティーハラスメントが流行語になった年に長男を出産しました。

福祉施設の管理栄養士は1施設に1人ですので、それはそれはひどいマタニティーハラスメントを受けました。

どんなにお腹がはっても休んではいけない、と、振り返ればひどいことをされてきました。

それでも辞めず、耐えて耐えて、ようやく自分のやりたい道を切り開くことができたので、この転職には満足しています。

悪口を言いたい人には言わせておけばいい、という境地になりました。

私はやるべきことはやって退職するので、あとのことはあとのひとに任せたいです。

管理栄養士として、前に進むために、後任者のひとには、後任者のひとのやりかたで自分流でやってほしいと思います。

これから、社会の中で管理栄養士がどんなふうになっていくのか、私も楽しみです。

電話がかかってきても出るつもりはありません。

しっかり自分のやり方でがんばってほしいと思います。